この授業では、はじめに、子どもを理解するとはどういうことなのか、また、子どもをどのように理解すればいいのか、その方法について解説します。その後、事例を通じた演習に取り組むことによって、目の前の子どもを理解し、発達に応じた保育や研究の方向性を考える経験を重ねます。最後に、子どもを理解するプロセスについて解説します。